カルバマゼピン治療法

カルバマゼピンの作用と配合薬について

カルバマゼピンとは、てんかんの発作や統合失調症の発作の症状を抑える効果を持っている成分です。脳神経の中枢に作用して、脳の興奮を引き起こす原因となるグルタミン神経の受容体を遮断することによって、必要以上の脳の興奮を抑えます。興奮状態を抑える他にも、けいれんや錯乱、幻覚などの部分発作などの症状を和らげる効果も期待できます。さらに、このようなてんかんnの治療だけでなく、必要以上の気分の高揚を起こす躁状態を緩和させたり、顔の筋肉が強く硬直して痛みを引き起こす三叉神経痛の治療にも使用されます。
カルバマゼピンが配合されている主な薬としては、「テグレトール」があります。これは、さまざまな年代の患者が現在服用していて、知名度も高い薬です。この薬は、主に医師から処方箋を書いてもらい薬局で処方されることが多いですが、個人輸入代行サイトの通販でも購入することができるという特徴があります。この薬を継続している時は、実際に病院へ行き薬局で購入するよりも、このように通販で購入した方が価格を安く抑えることができることがあります。普段は仕事などでなかなか病院へ行く時間がとれないという人や、薬を服用したいけれど金銭的に余裕があまり無いという人でも、購入することができるというメリットがあります。
カルバマゼピンは、世界的に有名な成分なので、比較的安全だと言うことができます。あまり重篤な副作用の報告はされていませんが、人によっては体に合う場合と合わない場合があり、さまざまなことが予想できるので、初めて服用するという時には十分注意して飲みましょう。また、医師などに詳しくカルバマゼピンについて話を聞いてみるのも良いでしょう。

■テグレトールの主成分はカルバマゼピンです
テグレトールの効果