カルバマゼピン治療法

カルバマゼピンと特定薬剤治療管理料

てんかんの発作を予防する薬としてカルバマゼピンがあります。カルバマゼピンはてんかんの発作を予防するだけでなく、躁鬱病や神経痛の緩和に対しても効果的な薬です。部分発作に対して効果が高く、脳神経の興奮をしずめる効果があります。欠神発作やミオクロニー発作等には無効ではありますが、全般発作では大発作に適用します。精神、神経用剤としては歴史が長く、部分発作にはよく選ばれている薬です。躁鬱病の治療には興奮をしずめる気分安定薬として使用されることが多いです。
抗てんかん剤は特定薬剤治療管理科とも密接な関わりを持っています。特定薬剤治療管理科とは投与薬剤の血中濃度を測定し、当該薬剤の量を管理した場合に算定することができる管理科を指しています。検査を実施した後に薬剤の投与量を管理することが条件となっております。そのため、算定するためには検査と投薬の両方を行う必要があります。抗てんかん剤も対象薬剤に入っています。改訂により特定薬剤治療管理課の適応が拡大されました。
この拡大よって抗てんかん剤であるカルバマゼピンの対象疾患に躁鬱病、躁病が追加されました。抗てんかん薬に関する規定も多く含まれているためてんかん患者の方は確認することをおすすめします。カルバマゼピンは抗てんかん薬として高い効果が期待できますが、副作用もあるので使用する際には注意が必要です。しっかりと自分の体調を把握するとともに医師への相談をすることをおすすめします。正しい処方をしてもらうことで抗てんかん薬として高い効果を得ることができます。同時に特定薬剤治療管理科についても知識をつけておくことが重要です。それにより正しい治療が可能になると言えます。